Home > オダラン

オダラン Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

バリ料理・バビグリン

babi.jpg

バリ島の名物料理、「バビグリン」 
バビグリンとは、豚の丸焼きのお料理のことです。
普段はワルン(食堂)でも食べることができますが、
バリ島の人々にとってはお祭りや結婚式などお祝い時に食べるお料理とされています。

先日もクプクプバロンがあるクデワタン村でお祭りがあり、
村の人やスタッフが朝3時に起きてバビグリンを焼いていました。 
写真のように竹串にさして、ぐるぐる回し続けること約4時間。
パリッとしたクリスピーな皮とジューシー柔らかいお肉でとっても美味しそうにできました。 

ウブドでは「イブオカ」のバビグリンが有名で、いつも観光客やローカルなバリ人で混んでいます。 
クプクプバロン入り口を出たところにもバビグリンのワルンがございます。
ローカルなバリ料理にご興味のある方、お腹が強い方は一度試されてもいいかもしれません。

チャナン

chanan.jpg

バリヒンドゥーのお供え物、チャナン。
バリ島の旅行中、至る所で目にすることができます。

葉で作った入れ物に、お花やお米、お菓子を入れ、インセンスを添えます。
バリ島の人たちは毎日このチャナンを作り、一日3回お供えします。
家の中のお寺や、門、曲がり角、テーブルの上など神様がいると信じられる所すべて。

クプクプバロンにも、毎日村の女性が来てくださり、
1日3回、50箇所以上もの所にこのチャナンを供えてくださいます。
すごく大変な作業ですが、バリの人たちにとってはこれが日常。
バリ島の人々の心が和やかなのはこのような習慣があるからかもしれません。

オゴオゴ・ニュピ

ogo.jpg

昨日はバリ島で最も重要な日「ニュピ」でした。
ニュピとはバリ島のサカ暦によるお正月にあたります。 

ニュピの日は、外出禁止・電気や火、音の発生も極力抑えなければなりません。
バリヒンドゥーの信仰深いバリ人は、食事やおしゃべりもしません。
この日は空港もやバスなど公共の交通機関も全て閉鎖。
観光客の方はあえてニュピを外してバリ島に来られる方も多いでしょう。
でもホテル内のレストラン・スパ・プールなどは通常通り営業しているので、
思い切って1日中ホテルライフを満喫できる贅沢な一日にもなります。 

ニュピの前日は写真のようなオゴオゴという約2~4,5メートルもの
悪霊を模して作ったみこしを担いで、村の男の子達が町を練り歩きます。
オゴオゴそれぞれ特徴があり、芸術的で見ごたえがあります。
夕方から夜までバリ島の至る所で見ることができます。 

バリ島ならではの文化を見られるおもしろい日でもありますので、
来年はあえてニュピに合わせて旅行されるのもお勧めです。

クニンガン

kuningan.jpg

本日はクニンガン。
ガルンガンの10日後に来るバリヒンドゥーの祝日です。
ガルンガンが日本で言う迎え盆に対して、今日のクニンガンは送り盆。 

朝から伝統衣装を着たバリの人たちがバイクに乗ってお寺にお参り。 
クプクプバロン近くのメイン道路もそんなバリの人々でいっぱいです。 

クニンガンの前日は男性が各家にて豚料理を作りクニンガン当日に備えます。
クニンガン本番の今日はお寺へ家族でお参りに。
明日はマニスクニンガンと言って、お出掛けを楽しむ日です。  

写真は、ウブドから約45分の「バンリ」という村の写真です。
ガルンガンからクニンガンまではこのようにバリ島中にペンジョールという
竹の飾りつけがされていて、バリ島ならではの風景が楽しめます。

バロンダンス

childbarong.jpg 

昨日はガルンガンの最終日、「マニス・ガルンガン」 
この日は、バリ人にとって祝日で学校もお休みです。 

ガルンガンの日にはこのようにバロンを持って町を練り歩く子どもたちの姿が見られます。
ガムラン、お面踊り、バロン(日本で言う獅子舞のようなもの)を村の子どもたちが演奏します。
これはガルンガンやクニンガンと言った日に見られる特別な行事。 
100年以上も前から続く伝統です。

村の子どもたちが各家やお店を回り、約100~5000ルピア(約12~60円程度)の施しをもらい、
バロンダンスやガムランを披露します。
アメリカでのハローウィンと少し似ているかもしれません。

Home > オダラン

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。