Home > 2007年12月

2007年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

レストラン・インダス

DSC_0123.jpg

ライステラスの眺めが美しいサンギンガンにあるレストラン「インダス」 
クプクプバロンからウブド中心部に行くまでの途中にあります。 

ウブド地区内にある有名レストラン「カサルナ」との系列店です。 
お料理はインドネシア料理中心にデザートやパスタなど多国籍です。 

このレストランは、人気でいつもお客さんが入っています。 
1階席と2階席があり、おすすめは2階のオープンテラス席。
そのテラス席からライステラスと渓谷が眺められます。 
ウブドに来たなあと感じられるレストランの一つです。

DSC_0136.jpg

毎週月曜日にはラテンブエナライブ、満月の夜にはジャズライブが楽しめます。  

クプクプバロンからは車で約10分、
ウブドの中心地からは車で5分、歩くと2、30分ぐらいかかります。 
シャトルバスの途中で降りて行って頂くこともできます。

持っていくべきお薬

DSC_0031.jpg

昨日は午前中雨、お昼から久しぶりの晴れ間が見えました。
本日も風は強いですが、気持ちのいい青空が覗いています。  
ウブドの気温は約25度で快適です。  

しかし今の日本と気候があまりにも異なるため、調子をくずされる方が多くいらっしゃいます。
ほとんどの方は、熱、風邪、お腹を壊されるなどです。 
日ごろから胃腸が敏感な方は、バリ島でもお食事に気をつかってください。  
お水は必ずミネラルウォーター、生野菜は控えるなど。 

そして、念の為に日本からお薬をご用意してください。 
解熱剤や、下痢止め、のど飴、胃薬などがあればいいかと思います。
バリ島でも購入できますが、薬が強すぎたり、日本人に合わないこともあります。
ですので、日ごろから使い慣れた日本のお薬がおすすめです。  

病院に行かれたり、お医者さんをよんだりすることもございますので、海外旅行保険もおすすめします。 
お医者さんをよぶと、お腹痛の場合、約50US$から200US$ぐらい掛かりますので。 

あまり敏感になりすぎるのもよくありませんが、
せっかくのご旅行を楽しまれるためにも、「念の為」の準備をお勧め致します。

クリスマス

merrytree.jpg

クプクプバロンのクリスマスも終わりました。 

12月24日のイブはバーMaJolyにてカクテルパーティーが開かれ、 
ご滞在のお客様がバリ島のガムラン音楽を楽しみながらイブの夜をお過ごし頂きました。 

12月25日のクリスマスは、イブに引き続きレストランMaJolyにて、
クリスマススペシャルセットディナーをご案内、多くのお客様にお召し上がり頂きました。 

日本のように盛大ではないですが、ウブドでもレストランやホテルなどでクリスマスデコレーションが飾られ、
ささやかなお祝いモードでした。 

ただ、24日、25日とウブドは一日中雨。 
今日も朝から小雨が続いています。 
そんな日はヴィラや家の中でまったりと過ごすのもいいかもしれません。

コンセントプラグ・ドライヤー

dryer.jpg  

ヴィラ内のコンセントプラグは○穴2つのCタイプです。(写真左)
日本の形状とは異なりますので、日本の電化製品をご利用予定の方はアダプターが必要です。
クプクプでもアダプターの貸し出しをしております。
ただ数に限りがございますので、終始必ずご利用されたい方は日本からお持ち頂いたほうが確実です。 

電圧は220Vとなり、日本とは異なります。 
もし、ヘアアイロンなどの熱を発する電化製品をご利用の方は変圧器が必要になります。
変圧器の貸し出しはございませんので必要な方はご持参ください。 
ただ、ビデオやデジタルカメラなどの充電は、最近のものでしたらほとんど110Vから220Vに対応している充電器ですので、
ご出発前にお持ちの充電器をご確認くださいませ。 
もし、110V~220Vと記載があれば、変圧器をお持ち頂く必要はございません。  

髭剃り用に110Vから220V・及び日本と同じプラグタイプのコンセントがございます。(写真中央) 
こちらは髭剃り専用になる為、他の電化製品はご利用いただけません。(たまに例外もございますが。) 

ドライヤーは写真のように全ヴィラにございますので、お持ち頂かなくて結構です。

以上、クプクプバロン・ヴィラ内の電化製品情報でした。

ブドゥグル

TreeTop.jpg

バリ島北部の避暑地「ブドゥグル」。
ローカルのバリ人にもとても人気の観光地です。
バリ島らしからぬ、涼しさと澄んだ空気を求めて、
週末には多くの人々がピクニックや森林浴に来ます。 
 
そのブドゥグルにあるバリ島最大の植物園で人気のアドベンチャー「ツリートップ」。  
樹々に造られたアスレチックを楽しむスリル溢れる遊びです。 
命綱をして、細い綱やつり橋、筒状の梯子などを渡ったり、ターザンのように飛んだり。
6段階のレベルに分けられ、お子様から大人の方まで楽しめます。
初級レベルは2mぐらいの高さですが、上級は20mにもなりかなりの勇気が必要。
体力と気力のいる遊びですが、自然に触れ、森林浴ができます。
高所恐怖症の方にはお勧めできませんが、体を動かしたりチャレンジが好きな方にはお勧めです。 
バリツリートップ公式ホームページ

その他にも、ブドゥグルには高原野菜やコーンが有名なローカルの市場や、
近くには湖上に浮かぶウルン・ダヌ・プラタン寺院、ゴルフ場などもあり観光にはおもしろい場所です。 

ウブドから車で約1時間強で行けます。
バリの暑さが苦手な方や、自然と触れ合いたい方はぜひ一度いかがでしょうか。

12月のお天気

DSC_1653.jpg

いよいよバリ島も本格的な雨季に入って来たようです。 
先週中頃から、雨が多くなりました。 
11月は夕方のみ1時間ぐらい降って止むということが多かったのですが、
12月の最近は、午前もしくは午後に不定期に約2~3時間と降る時間が長くなりました。 

本日も、朝10時頃~午後2時くらいまでしとしとと降っていました。
昨日は、午後3時から午後6時くらいまで雷を伴う雨でした。 

バリ島も温暖化の影響を受け、お天気がよめないようになっています。 
ずっと雨の日もあれば、ほとんど晴れという日もあります。 

ですので、12月、1月とお越しのお客様はぜひ折り畳み傘をお持ちください。 
観光に行かれる際はきっと便利になるかと思います。

ただ幸いにも、ウブドは雨がよく似合うと言われます。

雨上がりのアユン渓谷に鬱蒼と立ち込める白い霧...
より一層生き生きと輝くライステラスの緑...
何とも言えぬ色合いを見せるサンセット...

雨季にしか出会えない美しい瞬間がウブドにはたくさんあります。
お越しの際は、ぜひその瞬間をお見逃しないように。

プライバシー

DSC_1264.jpg 

クプクプバロンで最も大事にしていること。 
それは「お客様のプライバシー」。 

クプクプバロンは全部屋がヴィラタイプのお部屋になり、
それぞれのヴィラの窓などから極力他のヴィラ内が見えないような造りにしています。 

お部屋に入るまでも、ほとんどのヴィラに小さな門があるため、
よりプライベート感のあるヴィラの造りとなっております。  

この写真のプライベートボードは、各お部屋のドアもしくはヴィラの門に置いてあります。
お友達やカップル、ご家族でヴィラで誰にも邪魔されずにのんびりされたいお客様、 
ぜひこのプライベートボードをご活用ください。 

お部屋のドアかヴィラの門につけて頂ければ、いっさいお邪魔致しません。 
ただ、お掃除やルームサービスが必要な方は、少しの間外しておいてくださいね。

マンゴーオイル

DSC_1789.jpg

マンゴーオイルはクプクプバロン・マンゴーツリースパのオリジナルオイル。
マンゴーツリースパ特注で作っているオイルです。 

このオイルにはマンゴーエッセンシャルオイルと、ソヤビーンズオイルが含まれています。
マンゴーはビタミンA・B・C、ミネラルなどの栄養素が豊富です。 
抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑え、角質除去効果、保湿効果もあるまさに美肌フルーツ。

マンゴーオイルでのマッサージの後はお肌もすべすべ、しっとりします。
なによりもボトルを開けると漂ってくる濃厚で甘い香りがよりリラックスさせてくれます。

マンゴーツリースパのマッサージでもお客様に一番人気のオイルです。 

このオイルを使用したハワイのロミロミ・指圧のスウェディッシュ・リンパの流れを良くするバリニーズマッサージを組合わせた
「マンゴ・タンゴ 1時間30分」はマンゴーの果実にとろけてしまいそうなコンビネーションマッサージです。

マンゴーオイルは、その他マッサージメニューにおいてもお選び頂けます。 
写真のマンゴーオイル各種もマンゴーツリースパロビーにてご購入頂けます。

MangoTreeSpaメニュー一覧

バリブッダ カフェ

budda.jpg        

最近バリ島でもオーガニック料理やYOGAなど健康志向がはやっています。 
ウブドの中でも、古くからやっているオーガニック料理店がこの「バリブッダカフェ」 

ウブド王宮から東向いて歩いて約10分、ジュンバワ通りの郵便局前にあるレストラン。 
紫色のブッダの看板が目印で、すぐに目に付くので分かりやすいです。

1階はショップになっていて、オーガニック食材やジャムー(インドネシアの漢方)、Tシャツなど販売しています。 
中2階と2階がレストラン、紫色を基調にしたインテリアが凝っていてかわいらしいです。

お料理はヘルシーなオーガニック料理が中心、オーガニックサラダやベジタリアンナシチャンプル(2万5千ルピア/写真左)など。  
インドネシアで辛くて脂っこいお料理に疲れた方にはおすすめです。 

その他にも、スーパーヘルシードリンク(1万2千ルピア/写真右)なんていう、デトックスドリンクもおすすめです。

クリスマス・イブまで後10日

DSC_1637.jpg

バリ島にもクリスマスシーズンがやって来ました。 
といっても、バリ島のクリスマスは日本のように盛大ではありません。  

クタやレギャンなど南部の、ショッピングセンターやクラブなどでは
クリスマスデコレーション、イルミネーションが施されています。 

ウブドの街は、ほとんどいつもと変わらず...
バリ島はヒンドゥー教ですので、あまりクリスマスは重大イベントではないようです。  

クプクプでは、本日クリスマスツリーをレストラン・ロビー・スパに飾りました! 
日本のように寒くないクリスマス。何か不思議な感じがしますが、
やはりクリスマスのようなイベントはどこの国でも明るい雰囲気になります。

クリスマスのイベントとしてクプクプでは24日にカクテルパーティーと特別ディナーをご用意しております。  
イブにお泊りのお客様はぜひご参加くださいませ。  

 2007年12月24日 
  Kupu Kupu Barong Cocktail Party
    ご宿泊のお客様はカクテル・ビール・ジュースやカナッペなど無料でお楽しみ頂けます。
    18:00~19:30までバリ島のリンディックミュージックとともにお楽しみください。
  Gala Dinner at MaJoly (US$45++)
    イブ限定のスペシャルコースメニュー。バリダンスショーとともに。
    トマトとゴートチーズのサラダ/海老のコンソメスープ/オレンジシャーベット
    オージービーフのグリル/クリスマスプディング/チョコレート/コーヒー・紅茶

ネイチャートレッキング

32.jpg

クデワタン村に誘われて... 

クプクプバロンのアクティヴィティのひとつ、「ネイチャートレッキング」。
近郊の大自然を散策する気分爽快なネイチャーウォークです。 

クデワタン村を通り、アユン川をわたり、向こうに見えるアユン渓谷まで山を越え、
棚田を歩いていくという冒険心溢れる4時間のトレッキング。

アユン川のせせらぎや美しい棚田風景、クデワタン村の人々の生活風景をご覧頂けます。

bright.jpg

山を越え橋を渡りと少しハードなトレッキングですが、
熱帯ならではの植物や、動物、バリ島の村人に出会えるおもしろいアクティヴィティです。 

トレッキングガイド(リクエストで日本語可能)がバリ島の自然や、生活についてご案内致します。

行かれたお客様にも「おもしろかった。」「もっと行きたい!」ととても好評です。

普通の観光やショッピングに飽きた方、運動不足の方、バリ島ならではの思い出を作りたい方にはおすすめです。

まさに真のバリの姿を味わえることでしょう。  

クプクプバロン・ネイチャートレッキング おひとり様25US$ 4時間

レンボガン島

DSC_1519.jpg

レンボガン島は、バリ島東沖にある島です。 
一周3時間ぐらいで歩ける小さな島。
バリ島のサヌールからスピードボートで30分、ブノア港から大型船で1~2時間で行けます。
バリ島から日帰りでも行けるので、プラマ社やBaliHaiなど多くの会社がワンデイツアーを出しています。  

バリ島に比べ海の色が青く透き通っているため、ダイビングやサーフィンなどを目的に来られる方も多いです。
ビーチではスノーケリングやバナナボート、カヤックなどマリンスポーツが充実。
日本の観光客よりも欧米の観光客が多く、ビーチで本を読んだり、マッサージをしたりとのんびりリゾートライフを満喫していますす。   

レンボガン島はその美しいビーチ以外にも、素朴な村や人々がとても魅力的。バイクや自転車をレンタルして島を周ることもできます。
ジュングッバトゥ村では天草を収穫している漁師、マングローブで水浴びをする子ども、バレーボールをする若者など、バリ島の街ではあまり見かけなくなったような光景に出会うことができます。

DSC_1349.jpg  

バリ島からそんなに遠くないので、ちょっと人とは違った旅をされたい方、
ダイビングやサーフィン、青い海、白い砂浜が好きな方、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。  

ウブドからも日帰り観光で行けます。
朝の7:30頃出発で夕方6:00から8:00くらいにホテルへ戻って来られます。

海も空も目覚めるサンライズ、ピンク色に世界が染まるサンセット、満点の星空。
一日の流れをじっくりと心と体で感じられる場所です。  

DSC_1456.jpg

ビーチリゾートのMa Joly 

MaJolyビーチ   

バリ島にクプクプバロンは2つあります。 

1つはウブドののクプクプバロン・ヴィラズ&ツリースパ、
もう一つはクタのクプクプバロン・ビーチリゾート(2007年10月旧ザ・サンディパラより改称)です。  

レストラン・Ma Jolyもクプクプバロンのウブドとクタ両方にございます。 
クタのMa Jolyほうが早くオープン致しまして、数々のガイドブックや旅行記などでも扱われバリ島内では大変有名なレストランとなっています。   

なぜかというと、何よりもこのロケーション。クタ・トゥバンにあるビーチの目の前。
トゥバンはクタの中でも静かなビーチですので、ビーチの観光客を気にせずにゆっくりとお食事ができます。
一番混み合う時間はやはりサンセットタイムです。すぐに前の席が埋まってしまいます。 
ビーチに沈むサンセットを見ながらのご夕食。何とも贅沢でロマンチック...
もちろんフランス人シェフによる本格的なフレンチフュージョンの味にも定評があります。 

クタの青い海と空、ウブドの緑深いアユン渓谷、2つの絶景をレストラン・Ma Jolyでお試しください。

レストラン・Ma Joly公式サイト

インドネシアルピア両替

ルピア  
                                   
インドネシアの通貨はルピア(Rp.)です。 
バリ島でももちろんこのルピアが基本通貨となっています。  

大きいお店やDFS、ホテルなどではUS$や日本円でもお支払い可能です。
もちろんクプクプでも日本円・US$・EURO・クレジットカード・TCでもお支払い可能です。

しかし、ウブド内のお店やウブド市場、スーパーマーケットなどではルピアでのお支払いが基本となり、
たまにUS$や日本円でもうけてもらえますが、レートが悪いことがほとんどです。
ですので、やはりルピアに両替されたほうがスムーズにお買い物ができます。 

両替商は、空港、街中の至る所にあります。もちろんクプクプでも両替可能です。 
空港や街中はたまに騙されることがあるのでよく確認してください。 
単位が大きいので始めのうちはややこしいかと思いますが、
両替商の目の前でゆっくり何度かチェックしてくださいね。

日本円はお札でどこでも両替可能ですので、日本からは日本円のままお持ちください。
わざわざUS$に両替される必要はございません。
査証代だけは事前に日本でUS$にてのご用意を...

Kimono

着物

クプクプバロンのヴィラ内のアメニティのひとつ、「Kimono」
クプクプオリジナルのバティック生地で作っています。
よく模様をご覧頂くと、クプクプ(蝶)の柄が描かれています。 

すべてのお部屋やスパにご用意していますので、お越しの際はご利用ください。
シャワー後や、プールの後、お部屋でリラックスされたい時に...
コットンのバティック生地の肌触りが気持ちよく、よくお客様も購入されて帰られます。 

ヴィラ内には、この「Kimono」以外にもワッフル生地のバスローブを置いていますので、
暖かい時はこのKimonoを、涼しい時はバスローブを、と使い分けて頂けますよ。

バリサファリ&マリンパーク

オランウータン
         
今秋オープンしたばかりの最もホットな観光地。
「バリサファリ&マリンパーク」に行って来ました。 

ここは、ウブドから車で約45分、サヌールから車で約30分のギャニャールという所にあります。
パーク内には、サファリ動物園や、シアター、バリ伝統芸能コーナー、水族館、プール、ミニ遊園地などがあります。
水族館やシアターは来年オープンするそうですが、サファリは既にやっています。

サファリバス

サファリ内はこのようなシャトルバスで移動。ガイドさんが動物の案内をしてくれます。
動物が檻に囲まれているのではなく、人間がバスで動物のいる自然の中を駆け抜けるので迫力満点。
カバやワニの棲む池の中もどんどん走りこみ、水陸両用車みたいです。
まるで、遠くアフリカのサバンナに来たような気分...

インドネシアのスマトラ象やタイガー、シカ、アフリカのシマウマ、ライオン、カバ、バッファローなど見ごたえのある動物ばかり。 

カバ

ゆくゆくは、ライオンをガラス越しに見ながらお食事できるレストランや、
シマウマやサイを目の前に宿泊できるホテルなどもオープンするそうです。 

クプクプにもバリサファリ&マリンパークのパンフレットを置いています。
お子様連れのファミリーの方や、スリルを味わいたい方にはおすすめの観光スポットです。 

詳細は、バリサファリ&マリンパークのホームページをご覧くださいませ。

Home > 2007年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。