Home > 2008年01月

2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

南国のフルーツプレート

fruits.jpg

南国のフルーツプレート。
ご到着時に、お客様のヴィラ内にご用意しております。

バリ島は、フルーツが豊富で特に雨季の今は熟していて美味しいです。
ヴィラには、ランブータンやサラック、マルキッサなどバリならではの果物をご用意しております。 
ランブータンは割るとライチのような半透明の実が、
サラックは蛇の皮のようですが、中は白くリンゴの味に似ています。
マルキッサは種を味わうようなおもしろいフルーツです。 

どれも日本では珍しく、あったとしても高級な果物。
ぜひ、クプクプでお試しくださいませ。

無料アクティヴィティ YOGA

yoga.jpg  

ご滞在のお客様への無料アクティヴィティのひとつ「YOGA」 
毎週月・水・金曜日の朝8:00~9:00までの1時間です。
場所はマンゴーツリースパ内のガーデンスパにて行います。 

ウブドの朝の目覚め、遠くから聞こえる鶏や小鳥の鳴き声、
ガーデンスパ内の緑や新鮮な空気を感じながらYOGAを体験頂けます。

指導してくださる先生は、バリ島内でも有名なメディテーション施設の方です。
レベルは、ご参加のお客様に応じて行います。
初心者の方も上級者の方も本格的なYOGAとメディテーションを体験して頂けるでしょう。
 
※予約制となります。前日のお昼12時頃までスパもしくはレセプションにご予約ください。

バロンダンス

childbarong.jpg 

昨日はガルンガンの最終日、「マニス・ガルンガン」 
この日は、バリ人にとって祝日で学校もお休みです。 

ガルンガンの日にはこのようにバロンを持って町を練り歩く子どもたちの姿が見られます。
ガムラン、お面踊り、バロン(日本で言う獅子舞のようなもの)を村の子どもたちが演奏します。
これはガルンガンやクニンガンと言った日に見られる特別な行事。 
100年以上も前から続く伝統です。

村の子どもたちが各家やお店を回り、約100~5000ルピア(約12~60円程度)の施しをもらい、
バロンダンスやガムランを披露します。
アメリカでのハローウィンと少し似ているかもしれません。

ガルンガン

penjor.jpg

本日はバリ島の祝日「ガルンガン」 
「ガルンガン」とは日本で言う迎え盆のような日のことで、
バリ島に戻ってくる祖先の霊を迎えるお祭りです。  
バリ島の暦に基づき、年に2回このお祭りがあります。 

写真は、この「ガルンガン」の日の特別な飾り物「ペンジョール」
竹と椰子の葉で作った約10メートルもの飾りです。
各家で作っているため、このガルンガンの日に町を歩けば、
至る所にこのペンジョールを見つけることができます。

今日は祝日のため、バリヒンドゥー教のスタッフのほとんどはお休み。
ローカルな村のワルンやお店などもお休みです。
ウブド内の土産店などは、ほとんど通常通り営業しています。

バリ島中にこのペンジョールが飾られ、最もバリらしい光景を見られます。

バリバギー

bali buggy

ウブド近郊のアクティヴィティのひとつ、「バリバギー」
写真のようなクオッドもしくはバギーにてバリの田舎を駆け巡るアトラクション。 

クプクプから車で約30分ぐらいのパヤンガンという村にあります。
クオッドというミニバイクかバギーというミニカーお好きなほうを運転できます。 

ドライブはインストラクターに従って約2時間。
パヤンガン村の民家や公共道路、ライステラスをめぐります。
村の素朴な子どもたちが笑顔いっぱいで手を振ってくれたりします。
途中、凸凹道がたくさんありますのでスリル満点。  

ツアーは午前と午後があり、どちらもティーブレイク・昼食・送迎付。

ドライブ好きな方、バリの田舎の風景を肌で感じられたい方にはおすすめです。

バリバギーのホームページはこちらから。

クプクプの小道

small jalan1

クプクプバロンの敷地内には至る所に小道がございます。 
この写真の道は、ロビーからマンゴーツリースパへと続く道。

この道を降りると、目の前にはアユン渓谷の絶景が広がります。
お天気が良いと、渓谷右奥にバリ島の山々が見えとても雄大です。  

この道は特にロケーションが良いため、写真撮影にもよく使われます。
2006年9月号のファッション雑誌『GLAMOROUSE』の特集、
「黄金のBALI、解毒するBALI」にてモデルのYURIさんが撮影された場所でもあります。

お越しの際は、これ以外にも素敵な小道がたくさんございますので探してみてください。

ジャムー

jamu.jpg

こちらの写真は、ジャムー。
インドネシアの漢方薬のようなものです。 

粉末、もしくは錠剤などがあり、
粉末の物は、卵・お湯などとミックスして飲みます。
味は、なんとも言い難いですが、
朝鮮人参や生姜、薬草などを使用しているのでとにかく飲み辛いです。
飲んだ後は、生姜ジュースとキャンディーで舌直しします。

ジャムーには痩せる・女性らしくなる・肩こりが治るなど色々な効き目の種類があります。
スーパーや、街中の屋台でも売っています。
お腹に自信のある方、ローカル体験されたい方は是非お試しください。
1杯5,000ルピア程度(約60円)です。


バー・MaJoly

BAR MAJYOLY

クプクプバロンのバー「MaJoly」  
ロビーを降りて、レストラン右側に位置しています。

バリの地酒やカクテル、ソフトドリンクの他にも、日本酒もございます。

また、毎週火・木・土曜日には16:00~17:00まで
バリ舞踊レッスンの無料アクティヴィティもやっています。

毎日サービスのアフターヌーンティーもこちらでお召し上がり頂けます。

レストランと同じく、アユン渓谷の景色が望め、
ソファ席ではチェスをしたり、サンセットを見ながらカップルで寛いだひとときをお過ごし頂けるでしょう。   

クプクプバロン内の穴場スポットです。

ロータスカフェ

lotus cafe

ウブド王宮近くのレストラン「ロータスカフェ」
どのガイドブックにも載っている有名レストランです。 

クプクプバロンのシャトルバスが停まるウブド王宮から、西へ歩いて約2分。

ロータスカフェのレストランはウブドのお寺の庭になっており、
ウブドに来たなあと思えるようなレストラン。

メニューはインドネシアンを中心に、アメリカン、イタリアンなど多国籍。
お値段は、ナシゴレン3万ルピア(約360円)など日本の物価からするとお安いです。 

お食事をしながら夜はダンスを見ることもできます。
以下は2008年1月現在のスケジュールです。
(19:30~20:50/ フロント席のみ5万ルピアチケット要)

   火曜日 : 女性楽団とレゴンダンス
   木曜日 : 子どもガムラン隊とバロンダンス
   土曜日 : 男性楽団とレゴンダンス
   日曜日 : アルジュナとシヴァ神話/男女ダンスとガムラン

レンタサイクル

lentalbike.jpg

レンタル自転車始めました。
クプクプバロンのロビーに置いてあります。  

ご滞在のお客様には無料にて貸し出ししております。
4台ございますので、ご入用の際はご予約くださいませ。  

クプクプバロン周辺はローカルな村や、田園など美しい景色が見られ、
自転車で周られてもおもしろいでしょう。

ウブド中心部までは自転車で約20分。
途中、ネカ美術館やギャラリー、ワルン(食堂)、ビンタンスーパーマーケットもあります。
ウブドまでは上り下りの坂道が多いので体力のある方は挑戦してみてください。 

ウブド周辺にも棚田やのんびりとした田園風景、お寺などがあります。 
お天気が良ければ日差しがきついので帽子やお水は必須です。 
早朝や、サンセットに合せた夕方のサイクリングがおすすめです。

ナイトマーケット

nightmarket.jpg

ギャニャールのナイトマーケット 
ウブドから車で約20分ぐらいの場所にある夜の屋台広場のようなものです。 

バリ島ではデンパサールやサヌールなどにもナイトマーケットがありますが、
このギャニャールのマーケットも規模の大きい屋台の一つです。 

ナイトマーケットでは、ナシアヤム(鶏ご飯)やバビグリン(豚肉料理)サテ(串焼き)など
夕食になる屋台もあり、その他には金魚やお花、JAMU(漢方薬)靴屋などもあります。 

観光客はめったと行かないような場所なので、とてもローカル色が濃くおもしろいです。
毎日夜6:00頃から22:00頃までやっています。 

ローカルな場所を見たり体験されたい方はぜひ行ってみてください。

アフターヌーンティー

afternoontea.jpg

クプクプバロンではご滞在のお客様に無料アフターヌーンティーがございます。 
毎日15:00~17:00の間、レストラン・バー・お客様のヴィラでお召し上がり頂けます。 

メニューはその日により少し変わることもございますが、
基本的には写真のようなインドネシアンスイーツとコーヒーもしくは紅茶です。 

バナナを揚げたピサンゴレン・キャロットケーキ・チョコレートケーキなど
レストランMaJolyの自家製スイーツの盛合わせです。 

レストランMaJolyやバーMaJolyにて渓谷の景色を眺めながら、
またはお客様のヴィラ内のテラスやガゼボにてごゆっくり午後の甘いひとときをお過ごし頂けるでしょう。

ウェディングディナー

paty.jpg

先日、クプクプバロンのレストランMaJolyにて盛大なウェディングディナーが行われました。
結婚式をバリ島のチャペルにて挙げられたロシアのお客様です。 

お客様のリクエストはバリ島の伝統的スタイルでディナーパーティーをされたいとのこと。 

クプクプバロンの入り口より花嫁花婿さんにお御輿に乗っていただき、
クデワタン村の踊り子によるレゴンダンス、後ろには50人ものガムラン隊がついての大行列。

ロビーでバラの花びらでお迎えし、レストランMaJolyにご案内。 

レストランでは、バリダンスとガムラン演奏を聞きながら
フレンチアジアンのコース料理をごゆっくりお召し上がりいただきました。

サンセットの時間帯に合わせたディナー。
幻想的な色合いの夕焼けがとてもロマンティックで素晴らしいパーティーでした。


クプクプバロンでは、お客様のリクエストに応じてパーティーお手配お受けしております。 
少人数様~団体様までお受けさせて頂けますので、ご相談くださいませ。
ご希望の際は、 gro@kupubarong.com までご連絡ください。

バリ島の地酒・ブルム

brem.jpg

バリ島の代表的なお酒のひとつ・ブルム(Brem)
ブルムとは、バリ島のもち米を発酵させて作ったライスワインです。 
黒いもち米を発酵させたブルムと白いもち米を発酵させてブルムがございます。
黒いほうは少しくせがあり、白いほうが飲みやすいかもしれません。 
甘いお酒ですので、レモンを絞ったり、ロックで飲むのがお勧めです。  
アルコール度数は10~14度。       

ウブド内のレストランでは1グラス約1万ルピア強(約130円ぐらい)で楽しめます。
スーパーマーケットにもお土産用として1ボトル6万ルピアぐらいで販売しています。  

バリ島にお越しの際は、そんなバリならではの地酒をお楽しみください。  

ジャワショウビン

3W3O1650.jpg

この美しい鳥の名は「ジャワショウビン」、英語名で「Java Kingfisher」と言います。  
インドネシアのジャワ島かバリ島でしか見られない幻の鳥だそうです。

この写真は、12月にご宿泊頂いたお客様RICK様により撮影されました。
こんなに美しくジャワショウビンを撮影できたのは日本初といってもいいぐらい貴重なお写真です。

RICK様は鳥を撮る為に日本だけでなく世界中を駆け巡っていらしゃいます。
ホームページには、海外探鳥の旅日記や登山日記などとても詳しく書かれています。

12月のバリ島旅行についても書かれ、クプクプバロンについても詳しく書いて頂いています。
その他、ウブドのレストランやお買い物情報などウブド旅行に役立つ情報が満載です。

何よりもバリ島の風景や色鮮やかな鳥の写真がとっても素敵ですので、ぜひご覧くださいませ。

RICK様のホームページはこちらから

Selamat Tahun Baru 2008

balidancers.jpg

Selamat Tahun Baru 2008
あけましておめでとうございます。
昨年は多くのお客様にご滞在頂き誠にありがとうございました。
本年もよりお客様にご満足頂けるサービスに努めてまいります。
今年も宜しくお願い致します。
お客様皆様のご健康とご多幸をお祈りして... 
May You Your Happiness of This Year...

KupuKupuBarong Villas&TreeSpa Management&Staff一同より

Home > 2008年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。