Home > 2008年07月

2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

乾季のバリ島

otenki.jpg

最近のバリ島はお天気の良い日が続いています。 
ウブドは、曇りの日もございますが、雨が降り続くということはあまりございません。 

日本からのお客様は今の日本よりも爽やかで過ごし易いとよくおっしゃられます。
お天気の良いお昼間は、暑く、日焼け止めや帽子が必要ですが、
朝晩は涼しくなり、カーディガンなどの羽織る物があれば便利です。

バリ島の人々は、日本人と体感温度が異なるためより寒く感じるようです。
バイクに乗るときは、皮ジャンパーや、手袋、マフラーなどをしているバリ人も見かけます。

日本のお客様にはそれほど寒くは感じられないと思いますが、
バリ島は年中暑いと思われている方には少し驚かれるシーズンです。 

夏服と、朝晩用の薄手の羽織るものをお持ちくださいませ。

ウブドのお葬式

osoushiki.jpg

本日、ウブドで超盛大なお葬式が行われました。
今回のお葬式は、ウブド王宮の王様のお葬式のため、なかなか見られないほどの大きなお葬式です。
準備は約1ヶ月前から行われ、その費用も40億ルピアとも言われています。
といってもよくわからないですが、それぐらいの超盛大なお葬式です。 

世界各国からの観光客やメディア、バリ島中の人々も見に来ていました。
お葬式の関係者の人々をいれると、その数何千以上もの数え切れないほど。 
道路上はもちろん、お店の中や屋根の上までぎゅうぎゅうでした。

osoushiki 2

お葬式はパデと呼ばれる神輿のようなもの(写真:上)でご遺体を火葬場まで運びます。
その後、そのご遺体を黒い牛の棺に移し変え(写真:下)火葬をして終わります。 

osousiki 3

バリ島でのお葬式は日本のように泣き悲しむといような雰囲気はなく、日本のお祭りのような雰囲気です。
その方が亡くなった当日はもちろん悲しく思うのですが、
ずっと泣き続けていると亡くなった人が天国へ行けないと言われています。
また輪廻転生の考えもあるため、いつか生まれ変わると信じるから悲しむのではなく、
盛大にお送りしようという気持ちもあるとも言われています。 

osousiki 2

クプクプバロン・無料シャトルバス

shuttle.jpg

昨年11月もシャトルバスについてご案内致しましたが、
この5月よりスケジュールが変わり、お客様よりお問合せを多く頂く為ご案内致します。 

クプクプバロンからの無料シャトルバスは、
毎日13:00代を除く9:00~17:00の1時間ごとにウブド王宮まで出ております。
お戻りは降りられたところと同じくウブド王宮から13:20を除く9:20~17:20まで1時間毎となります。 

もしそれ以外の時間でご希望のお客様はホテルより車1台片道ウブド地区まで60,000ルピアでご案内致します。
ダンス鑑賞後のお迎えなども、ご指定のダンス会場までお迎えに行かせて頂きますのでご安心くださいませ。  

ウブドでお葬式の準備

crimation.jpg

もうすぐウブドでお葬式が行われます。
今はその準備でウブド王宮前がこのような状態になっています。
バリ島ヒンドゥーのお葬式はその盛大さでも有名です。
今回は、キングオブウブド、ウブド王宮の王様が亡くなったためいつも以上に盛大になるそうです。 

予定日は今のところ7月15日と言われておりますが、
当日はウブド市内でかなりの渋滞が予想されます。
バリ島でもとても大きなお葬式になるため、各国、全国からメディアや観光客の方が集まります。
この日程でウブド観光を予定の方は余裕をもったスケジュールを組まれることをお勧め致します。 

またクプクプバロンからのシャトルバスも通常はウブド王宮まで行きますが、
当日は交通規制がかかり、ウブド近くまでのご案内となる可能性もございますので予めご了承くださいませ。

でもこの日にちょうどウブドにいらっしゃる方は、もしバリヒンドゥー文化に興味がございましたら
ぜひ見に行ってみてください。バリ島に在住していてもなかなか見られない大きなお葬式です。 

Home > 2008年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。